<< お帰りなさーい | main | きゃああああ! >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
評価:
あさの あつこ
角川書店
¥ 500
遠征中、暇な時で全5巻読破しちゃいました、バッテリー。

本当に、心か揺さぶられる本です。
10代独特の葛藤やエゴが表面に出ているので、こう、わたしにはぐさぐさ突き刺さってくるものがありました。
主人公の2人よりも、なんとなく横手二中の俊二君に共感を持ちました。
展西さんも、間違っている事をしているのは承知でちょっとした共感がありました。
野球が大好きで、他に何にもいらないって子達と野球とその他の思いとの葛藤でイライラしている子とどっちも描かれてて、嫉妬とか苦悩を隠さないでストレートに描いていて、本当に自分の事のように読めました。

思ったことは、大人っていつ子供の心を忘れてしまうんだろうって事です。
巧や豪たち勿論海音寺や門脇の持っている情熱は、将来、どうなってしまうのでしょう。
大人って、何だろう。
って非常に考えました。
いつまでも、子供でいたい。
ちょっとそう思ったりしました。

歳が近いから余計にそう思うのでしょうかねえ??
とにかく、10代の人たちに読んで欲しい本です。


4巻を選んだのは4巻が一番好きだから。
| スポーツ観戦記 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 09:52 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ランキング
にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
MOBILE
qrcode
LINKS
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
SPONSORED LINKS